前へ
次へ

完全予約制なのに待ち時間が長い医療機関

今はクリニックレベルでも完全予約制にしているところは多いです。
1日の受診者の管理も行うことができますし、待ち時間を出来るだけ少なくするということもできるようになっています。
患者にも医療機関側にもメリットがあります。
急患が入った時にはすぐに対応をすることができるようになっているところも多いので安心はできます。
しかし完全予約制にも関わらず、待ち時間が2,3時間ということが普通になっている医療機関もあります。
診ることができる患者の数は決まっているのに、1つの予約枠に何人もの予約を入れてしまうということが予約時間があってもないようなもの、という状態を引き起こします。
受診者数を限定すればよいですが、それでは開業医の場合には赤字になってしまいます。
そのため定員オーバーの状態で予約を受けてしまう、ということになります。
経営上、仕方のないことなのかもしれませんが、出来るだけ時間は守ってもらいたいというのが受診者の希望でしょう。

Page Top